モンゴルとフィリピンで日本語を教え、現在日本で奮闘中のみっちーのドキュメンタリー日記です★


by michymouse
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:日本語教育( 77 )

e0087939_22572018.jpg

タイトルに釣られた人はすみませんが
久しぶりに日本語教育の話です


今学期は初級クラスの担任になって
週に3日、初級を教えてます(≧∀≦)

今回のクラスは、ひらがな・カタカナから教えてるのですが
びっくりするくらい声の大きいクラスです(笑)
2人の男の学生は異常に声が高くてツボ(*≧m≦*)シツレイ


先日、「みんなの日本語」の第12課を教えました

教科書では
①AはBより~です
②AとBとどちらが~ですか? …のほうが~です

となっていますが
これまで教えてきて、特に英語圏の学生が②の「~のほうが」をなかなか理解できておらず
定着もうまくできなかったように思います

また、今は中国人の学生に教えているのですが
②の文型を練習しているとき、中国語ではそうなのか
先生「中国料理と日本料理とどっちがおいしいですか?」
学生「中国料理、おいしいです」
と、「のほうが」が抜ける傾向にあります


なので今回は
①の文型を教えた後に
「(Bより)Aのほうが~です」を板書して
練習してから②を教えてみたところ
「~のほうが」がスムーズに入った気がしました(≧∀≦)タブン


これまで教えた学生も、その母語では①の文型をよく使うせいか(?!)
はたまた、教科書では①を先に習うためか、学生はよく会話の中で①の文型を使います

(例)
男:ねえ、これ可愛いよ
女:え~!こっちはそれより可愛いよ~!

いつも思うのですが
会話の中では「~のほうが」は②のように質問に答える形もそうですが
次のような会話で使われるほうが多い気がします

(例)
男:ねえ、これ可愛いよ
女:え~!(それより)こっちのほうが可愛いよ~!


その意味でも
「(Bより)Aのほうが~です」
を教えることは意味があるように思うのですが
どうでしょうか( ´∀`)?!


写真は、金沢駅にある「やかん」
[PR]
by michymouse | 2009-05-19 22:57 | 日本語教育

梅雨入りしましたね

「涙」
「さんずい」に「戻る」と書いてナミダ
つまり僕たちの始まりはナミダってことだ
だから嬉しい時も悲しいときもナミダが出るんだ
e0087939_22403919.jpg


土曜日に日本語教師のセミナーに参加して来ました◎
アメリカはプリンストン大学の牧野先生が
『千と千尋の神隠し』
を授業に使う理由や、それを使ってできることを教えてくれました◎

自分なりに今回のキーワードをまとめると
・文化(日本的or普遍的)
・想像力をつける授業
・サンズイの漢字、水に関わる表現
・深層(目に見えない)文化


それとちょっと関係して
金曜日に、中級くらいの学生に
『電車男』(映画)
を途中まで見せて、それを作文に要約&結末を考える授業をしました◎
日本語教師のみなさん、この映画は本当にお勧めです♪
いろいろな社会問題のキーワードが隠されているし
実際に見た後にも学生たちが活発に意見を言ってました。
その場合もやっぱり教師が教えてあげないと見逃すキーワードがたくさん(´;ω;`)
いろいろ表面的な面白い文化を紹介するのは簡単だけど
その裏に隠れている物に気付かせてあげるのも教師の役割なんだと改めて気付きました◎
海外で教えてた時のほうがそれらに敏感だったかも・・・
学生は日本に住んでいるからといって、その辺をなまけちゃだめですね(´;ω;`)
もうちょっとアンテナはって考えて授業に行かないと(汗)
[PR]
by michymouse | 2008-06-22 22:40 | 日本語教育

鉄板

写真は、先日のチューリップフェアのトイレで撮ったものですが
日本語と英語の表現と、中国語の表現の仕方が違うのが面白いな~と(笑)
要は、「トイレをきれいに使ってくれ」って言いたいところを
日本語と英語は遠まわしに言ってるのに、中国語は直接的な表現です
中国人のU先生に確認したところ、このように直接ちょっと強い感じに言うほうが効果的だとか
でも、中国でも同じように遠まわしな表現をすることがあるそうな(≧∇≦)b
e0087939_2114323.jpg

共に(  )共に(  )共に(  )共に(  )
共に(  )共に(  )共に(  )共に(  )
共に(  )共に(  )共に(  )共に(  )
「永遠にともに」/コブクロ


授業の息抜き程度に15分ぐらいを使って
上の歌を聞かせて、サビの部分を書き取りさせてるんですが
どのクラスでも鉄板の活動なんですよ♪
やっぱりいい歌って、何度も聞きたくなるんですねヽ(´ε`)ノ
今日のクラスでも大好評で
「先生もう一度~」
って声が曲の良さを証明しています◎
日本語教師のみなさん、是非授業で試してみてください♪
そして、最近の歌で授業に使えそうなお勧めの歌があれば教えてください!!
[PR]
by michymouse | 2008-05-03 21:14 | 日本語教育

単語帳

「ひつじ」
好きよ 好きよ 好きよ うっふん♪
好きよ 好きよ 好きよ うっふん♪

・・・そりゃ「ラム」ちゃんだ!!

(写真は岩手県小岩井農場より)
e0087939_21161912.jpg

昔、ラムちゃんという女の子に恋をして
ちょっと痛い目にあった淡い思い出が・・・(照)



さて、本題
以前もちょっと触れたのですが
「語彙」
の教え方(いや「学習」のほうがふさわしいかな)というのに引っ掛かっています
そこでふと思うのが
どうして日本語教育には
「単語帳」
がないのだろうかということ

日本人が英語勉強するときとか
受験生はみんな単語帳を繰り返し見てますよね!

◎日本語能力試験
◎日本留学試験

とかの受験対応で作ってもらえると
売れると思うけどな~(≧∀≦)

それかiKnow!の日本語版みたいなオンライン無料学習サイトないのかな(≧∀≦)
あれば学生に自己学習させられるのに(´;ω;`)ジブンデヤレー

熟語とか例文とかに中・韓・英の訳つけたり
ちょっとした復習問題つけたり
(いろいろ妄想中)

語彙に関する教材情報あれば是非教えてください★
[PR]
by michymouse | 2008-01-22 21:16 | 日本語教育

日本語学校教育研究大会

いろいろあり過ぎて一つずつ書けないので
気になったキーワードだけを簡単にまとめておきます

CEFR(Common European Framework of Reference)
=ヨーロッパ言語共通参照枠組み
Languages Ladder
Asset Languages

★国際交流基金
日本語教育スタンダード

「日本語能力試験」2009年~
4段階レベル→5段階
CDS(Can-do Statements/「~できる」)
試験問題の「等化」



★大阪外国語大学
〔理解すること(聞くこと+読むこと)+話すこと(やりとり+表現)+書くこと)〕



ポートフォリオ
 

チェックシート



★大学に入っても通用する人材作り
到達目標(富士山とその登り方)
留学生が入学前に身につけておくべき能力は何か



★中級クラス
課題提起解決型日本語教育
「表現したいこと→文法→運用→獲得」

ピアラーニング


★動詞の新しい教え方(新宿日本語学校)
「日本語の動詞が基本情報の数によって変わる」
(見える-見る-見せる)
「助詞は2列」

協働学習


★初級学習者に対する多読授業


★学生による学生サポート活動の試み
アイスブレーキング(パッティング・ET挨拶・誕生日)
アドジャン・表情伝達ゲーム
NPO日本語教育カウンセラー協会
構成的グループエンカウンター
ピアサポートトレーナー養成研修


シャドーイング
チェックシートの長所短所
Qシャドーイングの素材(談話?独話?)
Qリピートとの違い
Q目的(会話?聴解?)による素材の違い
Q未知/既知/既習の素材?



「外国語教育は母語話者を作るためではない」




などなど
なんかいろいろなことを短時間で聞いただけなので
すぐ実践できるものだったり
自分の学校の実情を考えると使えるものは
ほんとごくわずかですが
普段、目先の授業のことしか考えずに過ごしていたので
ひさしぶりに、日本語教育を広い目で見直すことができました◎
「一本の木」を見ていたのが「森」を見た感じΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
たまにはこういう視点で見ないとね(汗)

おそらく会場では一番ペーペーなんじゃ?ってくらい
東京の学校は主任レベルや学校長レベルの方が参加してました∑( ̄□ ̄;)
今回の一番の収穫は
他の日本語学校の教員と話せたこと
でしたヽ(´ε`)ノ
何名の方とは名刺交換もできたし、連絡先もいただきました★
ここだけの話
将来この学校で働いてみたい
って学校もできました(爆)
なんていうか、自分が考えてたことが歴史の中で実践されてる感じ(≧∇≦)b

自分の学校に不満もあるけど
「新しい学科ならこれから作っていく楽しみもあるよ」
とベテランの先生に言われて
やる気が沸きました(〃o ̄ー ̄〃)o
[PR]
by michymouse | 2007-08-11 13:58 | 日本語教育

udaan uulzaagui

えっと、ご紹介します。
右がモンゴルの高校2年生トゥウシンジャルガルさんヽ(´ε`)ノ
真ん中がモンゴルの高校2年生ジャウフラントさんヽ(´ε`)ノ
左がモンゴル出身25歳のみっちーさんヽ(´ε`)ノ
e0087939_211145.jpg

どうですか!?
このモンゴル顔!!

実は、今月の頭から2週間
国際交流基金のプログラムでモンゴルのダルハンにある学校から
2人の学生が留学に来ています★
あれは2~3年前(´・ェ・`) ナツカシイ
みっちーがモンゴルの学校で日本語教師をしていた頃の学生です(≧∇≦)b
その当時のブログにも真ん中の子は登場してます⇒モンゴリアン通信

関西国際空港近くのセンターにいるのは知ってたけど
ちょっと遠すぎて会えないかな~電話だけだな~
とか思ってたんだけど、たまたまこの3連休の予定がなくなりました◎
そこで、本当に思いつきで金曜日の昼に、兄に
「今夜から大阪にでも行こうや」
と言ったところ、予想通り(!?)、OKのサイン・・・爆

台風に正面からぶつかりながら、無事に大阪に到着しました(´▽`*)
病気で緊急帰国した思い出が強いモンゴル・・・
生徒たちにはもう一生会えないだろうなと思ってた(´・ェ・`)
今回、二人が来る前にみっちーに書いた手紙の中に
「日本は私の夢の国です」
という文が会ったんです◎
お店をぶらぶらして昼ご飯を食べたり、海岸を散歩しただけだけど
その時間はみっちーにとっても夢のような時間でした♪
思い出はどこかで美化されてるのかもしれないけど・・・
今回会ったことで、モンゴルがまた好きになりました★


二人と今回会えたのは何かのだけど
二人が日本に来たその週末に
自分が会いに行こうと行動したことで掴めた縁だなと思う◎
自分と兄の休みが重なったのも偶然∑( ̄□ ̄)ナント!!
実は台風が来なければ、二人は今週末ホームステイで会えませんでした!!
それも偶然・・・運命?


そうそう
可愛いお土産をたくさんもらっちゃいました~♪
部屋に大切に飾ります(≧∇≦)b
二人とも日本語がとっても上手になってたし、ほとんどは日本語で会話しました◎
そしてみっちーのモンゴル語はもうダメダメでありました・・・凹
[PR]
by michymouse | 2007-07-16 21:01 | 日本語教育
「好」という漢字
人が弓で恋の矢を引いているように見えませんか?
放った弓の振動は僕のこころも震わせます
放たれた矢はそのこころにささりましたか?
もしかしてその繊細なこころを傷つけていませんか?


e0087939_23304313.jpg


今日は、以前にも紹介した本の著者のセミナーに参加して来ました★
以前から名前も知っていたし、もしかしたらお会いしてた可能性もある人なんですが、今日始めて顔と名前が一致しました(≧∇≦)b
いつからか、その権威と名前の響きから、勝手に重厚感のあるイメージだったんですよ(笑)
そしたら、今日の第一印象は・・・

あ。塩爺だ。

e0087939_2330149.jpg


(なんと失礼な・・・)

セミナーの内容は、本で読んだことそのままだったのですが・・・
ちょっと勘違いして読んでた部分もあったので再確認できて良かったです!!
はじめて、目の前でOPIのインタビューも見られたし、面白かった♪

深くは話さなかったけど、日本語教育の性質としてフォーマルな会話とインフォーマルな会話が実際に教える場合には、OPIのレベル判定基準とは逆になるってことも言ってました。
残念なことに、なぜか今回、質問タイムに質問しませんでした・・・。
なんか、聞きたいことが山ほどありすぎて・・・その質問が自分でもまとまっていないし・・・。
(言い訳なんだけど・・・)

まあ、今回は初めてOPIの権威のセミナーを受けたということで、これで良し??
いつかOPIのテスターの資格も取りたいな(o`・ω・´)oシャキーン

OPIは基本的には初対面の人とすることになっています。
つまり、初対面の人との30分だけのインタビューなんです★
今日の塩爺の名言・・・(おいおい、だから失礼だって)

『30分の中で、その人の人生の断片を読み取る』

一期一会ってやつですねぇヽ(´ε`)ノ


OPIの資格を取りたい理由のひとつは、日本語教師としてのスキルアップなんですが、もうひとつの理由は人としてのスキルアップです★

OPIのレベルでは初級・中級・上級・超級とあります。
この「超級」に関してはネイティブのスピーカーでも全員がなれるわけではありません!!
そのためには「敬語」を使えるかなどの言語的なものもあるのですが、さらに必要なのは
「教養」
の要素なんです━━━━ヽ(・ェ・`)ノ━━━━!!!!
今日、塩爺も言ってましたが、普段からいかに世の中のことに対して、深く考えたり批判的に物を見たりすることが出来ているかが、超級レベルでは問われると言っていました。
つまり、試験者にも同じかそれ以上の、知識や意見の幅がないと、被試験者に意見の面で打ち負かされちゃったりして、「反論」の突き上げなどが出来なくなってしまいます・・・。
もちろん、これからも日本語教師をして行くつもりですが、本当は「日本語教師」だけで終わりたくないな~なんて漠然と思ったりもします。

とか、言いつつ何も考えてませんが(爆)
[PR]
by michymouse | 2007-06-23 23:54 | 日本語教育
中級のクラスに学生が固まって来ました・・・。
学生のレベルと希望(わがまま)に応えたため
・・・反対したけどね・・・
明日から、中級のクラスが26人になります(爆)

アハハハハハ・・・Ⅰ゜o゜)ノ

e0087939_19162714.jpg



さて、
学生にドリル練習をさせる時
キューを丁寧形で与える必要ってあるのでしょうか?!

例えば
「勉強しなければ、大学に入れません」
という文を作る練習をするとき、教科書のキューは
「勉強しません・大学に入れません」
と書いてある・・・


どうしてわざわざ難しくするんでしょうか?


人間の思考回路ってそんな遠回りですか?


「勉強しない・大学に入れません」
じゃダメなんでしょうか!?

もちろん理由は
「前文」と「後文」の丁寧を揃えたい
からなんでしょうが・・・う~ん・・・


前からも言ってるけど、脳みその中心にあるのは「辞書形」つまり普通形であるべきではないかな??

教科書の始めからその方針で教えていれば
「飲む」という辞書形を「飲みます」で話すことは難しくないはず。
というか、それを練習するのが一番大事なことだと思っています。


話はそれましたが、贅沢を言うと
「勉強しない・大学に入れない」
というキューがいいと思うのです★


もちろん、この段階で
「入れない」を「入れません」と言うことが定着している
のが前提ですが(´;ω;`)


辞書形で語彙の導入をすべきだと言う考えは、二年間ずっと考えてるし、考えれば考えるほどその思いは強くなります(´;ω;`)アマリリカイシテモラエナイケド・・・



まあ、そんなことゆっくり考える暇がないくらいに、毎日事務処理に時間を費やしてますが・・・。


土曜日と日曜日は久しぶりに、日本語教育のセミナーや研修会に参加します◎

勉強しなければ、いい教師になれません・・・
[PR]
by michymouse | 2007-06-20 19:16 | 日本語教育

ひさしぶりに初級文法

明日は初級のクラスで第32課を教えます。

メインとなる文型は
「~たほうがいいです」
「~ないほうがいいです」


さて、これを教える場合26課でこっそり(?)教えた
「~たらいいです」
との違いを意識しなければなりません★

どうも、教科書や活動集の練習を見てると、この違いをあまり気にしていない(汗)
それをしっかりしないと、学生は「どうしたらいいですか?」や「~たらいいです」と言うべきところで、「どうしたほうがいいですか?」や「~たほうがいいです」を言って、ニュアンスが変わってしまうことになる。

「~たらいいです」も「~たほうがいいです」もどちらも提案なんだけど、ちょっと違う。

「~たらいいです」…いろいろなある方法の中で、一つを勧める場合
「~たほうがいいです」…今の状況(現状)ではない方(反対側)を勧める場合


例えば、「日本語が上手になりたい」という人に対して、
「たくさん練習したほうがいいですよ」とか「日本人と話したほうがいいですよ」とかの例文を作る練習はダメである。
それよりも、「たくさん練習したらいいですよ」とか「日本人と話したらいいですよ」のほうが適当である。
(「~するといいです」「~ればいいです」は未習)
この場合、「練習をあまりしていない」「日本人と話す機会が少ない」という状況を与えると、「~たほうがいい」がしっくりくるようになる。

なので、明日は次のような感じが伝わるように頑張って教えてみます。

A:もう薬を飲みましたか?
B:いいえ、まだです。
A:えっ!?まだ飲んでいないんですか?
  飲んだほうがいいですよ!!
B:そうですね。そうします。


ちなみに、「~たほうがいいです」と相性が良い動詞は同僚の教師にググッてもらったところ
①やめたほうがいいです
②考えたほうがいいです
③気をつけたたほうがいいです
などなどだそうですよ◎

この「やめたほうがいいです」は、教科書では扱っていないけど、明日はちょっと練習に入れてみようと思います★

A:えっ!?あのレストランへ行くんですか?
  おいしくないから、やめたほうがいいですよ。
B:そうなんですか?じゃあ、やめておきます。
[PR]
by michymouse | 2007-06-13 18:40 | 日本語教育

読解はどーっかい?

e0087939_20265771.jpg

聴解問題聞き過ぎて耳が超かい~(かゆい)

文法の先生はグラマーですヽ(´ε`)ノ



今日の読解の授業はすべりました(´;ω;`)
読解の授業の流れとしては

【読む前に】
・学生に興味を持たせる

→ほ~れほれ読みたくなって来ただろ~( ・ ・)ノ


【本文に入る前の確認】
・タイトルや筆者、著書名を確認
・タイトルや挿絵から分かること

→ほ~らほらこれどんな話だ~い?


【読む】
・とりあえず一回読む
   ↓↓↓
・CDを聞いて、耳で文のリズムも確認
   ↓↓↓
・何を読み取る必要があるか、文の構成の確認をしてもう一度読む

→ほ~らほらどんな構成だい?


【内容確認】
・Q&A

→ど~れどれ分かったかい?




とまあ、だいたいこんな感じなんですが・・・
うまく行く時と、全然乗らない時のが分かりません(´;ω;`)


考えられる理由は
①学生がその話に興味がない
②学生にとってその文は難しすぎる
③つまらない(聞くまでもない分かりきった)質問が多すぎる
④学生にそれを読む意味(意義)を伝えきれていない
⑤その他(体調)



なんせ読解の授業ってよく分かりません(涙)
誰かアドバイスをください(゜ω゜)(゜ω゜)(゜ω゜)
[PR]
by michymouse | 2007-05-29 20:26 | 日本語教育