モンゴルとフィリピンで日本語を教え、現在日本で奮闘中のみっちーのドキュメンタリー日記です★


by michymouse
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0087939_22572018.jpg

タイトルに釣られた人はすみませんが
久しぶりに日本語教育の話です


今学期は初級クラスの担任になって
週に3日、初級を教えてます(≧∀≦)

今回のクラスは、ひらがな・カタカナから教えてるのですが
びっくりするくらい声の大きいクラスです(笑)
2人の男の学生は異常に声が高くてツボ(*≧m≦*)シツレイ


先日、「みんなの日本語」の第12課を教えました

教科書では
①AはBより~です
②AとBとどちらが~ですか? …のほうが~です

となっていますが
これまで教えてきて、特に英語圏の学生が②の「~のほうが」をなかなか理解できておらず
定着もうまくできなかったように思います

また、今は中国人の学生に教えているのですが
②の文型を練習しているとき、中国語ではそうなのか
先生「中国料理と日本料理とどっちがおいしいですか?」
学生「中国料理、おいしいです」
と、「のほうが」が抜ける傾向にあります


なので今回は
①の文型を教えた後に
「(Bより)Aのほうが~です」を板書して
練習してから②を教えてみたところ
「~のほうが」がスムーズに入った気がしました(≧∀≦)タブン


これまで教えた学生も、その母語では①の文型をよく使うせいか(?!)
はたまた、教科書では①を先に習うためか、学生はよく会話の中で①の文型を使います

(例)
男:ねえ、これ可愛いよ
女:え~!こっちはそれより可愛いよ~!

いつも思うのですが
会話の中では「~のほうが」は②のように質問に答える形もそうですが
次のような会話で使われるほうが多い気がします

(例)
男:ねえ、これ可愛いよ
女:え~!(それより)こっちのほうが可愛いよ~!


その意味でも
「(Bより)Aのほうが~です」
を教えることは意味があるように思うのですが
どうでしょうか( ´∀`)?!


写真は、金沢駅にある「やかん」
[PR]
by michymouse | 2009-05-19 22:57 | 日本語教育
e0087939_10555573.jpg

e0087939_1055552.jpg

e0087939_10555538.jpg

おととい
職場の人たちと筍のコース料理を食べて来ました
場所は金沢市街地から30分くらいで行ける山の中


・筍の煮物
・玉ねぎのスライスと筍のゴマだれ
・キャラ蕗
・蕗のおひたし
・ゴマ豆腐の筍薄皮添え
・蕗の昆布じめ
・筍の刺身
・筍ご飯
・筍の味噌汁
・キュウリのからし漬け
・筍とウドの芽の天ぷら
・柿の新芽と椎茸の天ぷら
・焼いた筍と豚肉の味噌漬け
・ゴマぷりん


昼ご飯なのにお腹いっぱいになってしまいました(≧∀≦)

その後、林道で山菜積みをして

・野蕗
・三つ葉
・せり
・よもぎ
・アサツキ
・ウドの芽

を取って来ましたヾ(^▽^)ノ


男:子どもな日なだけに「さんさい(山菜、3歳)」か…ぼそ


Σ( ̄□ ̄)ゲンチョウ!?


ちなみに、その前の日に
ゴルフ場に柴刈りに行って
煩悩の数だけ柴を刈って来ました(笑)
[PR]
by michymouse | 2009-05-05 10:55 | 雑談